親の会社にいる男は婚活でデメリットですか?

maradona-lefilm.com > 自営業婚活 > 親の会社にいる男は婚活でデメリットですか?


親の会社にいる男は婚活でデメリットですか?

05.jpg親が株式会社の経営者または、自営業者の場合は、後継者としてのあなたは、どのようなデメリットがあるのでしょうか?
もちろん、メリットもありますが、先にデメリットを見ていきましょう。
女性視点で、親が自営業の場合のデメリットは、割りと多いように思います。

・親と一緒に生活する
・生活は常に仕事優先
・予期せぬトラブルやクレーム
・会社の衰退による資金繰り
このような点が、デメリットになるのではないでしょうか。

親と一緒に生活する

女性が一番嫌がることの一つは、親との同居です。
年収や学歴、職業なども大事な条件ですが、親との同居の有無も、女性が気にすることの一つになっています。

親の会社で働いていると、親と同居ないしはそれに近い状態になることが多いでしょう。
もしかして、全く別に家を持っていて、自分たち夫婦だけで生活できるのであれば、それに越したことはありません。

もし親と同居しているのであれば、結婚後は別々の家に住むことを考えておいたほうが良いでしょう。
親との同居というだけで、女性探しに苦労するかもしれません。

例えば、あなたが婿養子に行ったとして、女性のご両親とひとつ屋根の下で暮らすのは、息苦しさを感じますよね。女性も同じことを感じてしまうのです。

生活は常に仕事優先

自営業というか会社経営のデメリットとして、常に仕事優先ということが挙げられます。

とにかく事業を存続させることが最優先になりますから、日常生活は仕事のことだけに、どっぷり浸かることになります。また、そうしなければ、継続して利益を出し続ける会社など経営出来ないでしょう。

お相手の女性からすると、専業主婦になるよりも、会社経営の手伝いをすることがメインになるかもしれませんね。会社の規模によりますでしょうけど。

会社規模が小さく、自営業という感じだと、人を雇う余裕がありませんから、ほぼ全てを家族の頭数で運営していく事になります。そうなると、女性は歯車の一つとして重要な役割をはたすのですが、それだ良いのか、覚悟が必要になります。

予期せぬトラブルやクレーム

会社を経営していれば、予期せぬトラブルや、クレームは頻繁にではないにしろ、必ずあるものです。
そういった時に、家族全体に問題に発展するのが、ファミリービジネス(同族経営)です。

とにかく仕事上の問題解決が最優先して、家庭が二の次になることに、女性がOKでなければ、長く一緒に生活することは難しいでしょう。

会社の衰退による資金繰り

自営業程度の規模ならば、売上が少ない分、借り入れも少ないか無借金だと思います。
ところが、株式会社の経営レベルになると、借り入れは必ずあるものです。

事業が予期せぬ外部環境や、徐々に売上が下がることにより、資金繰りが悪化した際、すぐに銀行関係の返済トラブルに発展することになります。

経営者としては、後継者も含めて、多くの方は連帯保証を背負っているでしょうから、銀行が代位弁済や競売へと駒を進めれば、すぐに倒産となり、一家離散です。

会社経営は、自営業という小さな零細企業レベルであったとしても、常にリスクと隣りあわせなので、嫁入りする女性には、きちんとリスクを説明しておく必要があるでしょう。

婚活はどうすればいいの?

ここまでは、親が会社を経営していることのデメリットを順に数え上げました。
こうしてみると、後継者が婚活を成功させるのは、とてもむずかしいように思えてしまうかもしれませんが、会社経営はリスクとデメリットばかりでは、ありません。

その反対側に、メリットが必ず存在します。この会社経営のメリットこそが、婚活において強みを発揮し、1年という短期間での成婚に役立つことでしょう。










親の会社にいる男は婚活でデメリットですか?関連ページ

親自営業の36歳男が婚活パーティーNGな理由
親が自営業または会社経営の場合、婚活において、婚活パーティーはあくまでも補完と考...
経営一族として家柄や格が釣り合う出会いはありますか?
親が会社経営者の婚活においては、お相手探しに苦慮されることが多いことでしょう。 ...
親自営業の婚活におけるメリットは何ですか?
親が会社経営者または自営業の場合、婚活におけるメリットとは、どのようなものがある...
親の会社にいる男は婚活でデメリットですか?
親が株式会社の経営者または、自営業者の場合は、後継者としてのあなたは、どのような...